歯医者

骨移植から始めるインプラント治療~歯医者が叶える輝く明日~

インプラントの歴史

医療器具

インプラントっていう治療はいつから存在するんでしょうか?インプラントっていう名前を聞いたり見たりするようになったのは最近だし、最近出来た治療法なのかな?なんていう風に思う人も多いのではないでしょうか?私も実際に調べてみるまで全く知らなかったんですが、このインプラント治療の原点っていうのは紀元2世紀にはあったようなんですよね。今とは違い当時は鉄製の器具を使っていたんですけどね。その後にも同じようにインプラントの治療後が見られる物が遺跡で発掘されたりしているんです。

そんなに昔から考えられていたのであれば、どうしてその名前をよく聞くようになったのが最近と感じるのでしょうか?その一番の理由っていうのはやっぱり、臨床に登場したのが1910年になってからというのが大きな理由でしょう。その上、登場したばかりの頃のインプラントは予後もあまり良いものではありませんでした。しかし、1950年代にオッセオインテグレーションが発見されてから歯医者でのインプラント治療というのは飛躍的に技術の進歩があったんですよね。それから更に様々な研究が進み2000年を越えてからよく聞く治療法の一つになったんです。

歯っていうのは、誰もが当たり前の様に持っているものだと思います。そうした歯を失うキッカケっていうのは様々で、歯が折れたり、虫歯などで抜歯が必要だったりっていうのが主な理由だと思います。しかし、こうして歯を失ってしまえば、次にまた生えてくるなんていう事はありえません。歯を失ってしまった場合には、ブリッジや入れ歯という方法で歯の代わりの物を利用するしかなかったんです。しかし、今ではブリッジや入れ歯以外にも治療法というのが確立されています。その治療法というのがデンタルインプラントなんですね。