歯医者

骨移植から始めるインプラント治療~歯医者が叶える輝く明日~

歯科で受ける場合

先生

歯医者で受けるインプラント治療というのは、歯を復元するというのが何よりの目的です。歯を抜いた後っていうのは、歯の代わりとなる入れ歯を付けたり、抜歯した歯の両サイドに架け橋を作って抜いた部分を埋めるブリッジという治療法しかありませんでした。そのどちらも歯を失った場所はそのままになってしまうし、違和感というのは少なからずあるんですよね。ただ、そうした治療を受けなければ食事なども大変不便になるので治療を受けるわけです。しかし、歯を抜いた部分にインプラントを埋め込んで歯の代わりにすればどうでしょうか。入れ歯の様に装着するという必要もないし、ブリッジの様に架け橋を作る為に両サイドの歯を削る必要もないんです。

歯っていうのは顎の骨に埋まっているからキチンと固定されているんですよね。その埋まっている部分を歯根といって歯医者で使うインプラントは人の手で作った歯根なので人工歯根なんていう風に呼ばれたりもしています。この歯根があることで、歯がぐらついたりなんていう事もないし、埋め込む事で装着してるというような違和感っていうのも全くと言っていいほど感じない位に自然な噛み心地が実現したんです。そしてインプラント治療を受けたという事も、普通に見ただけでは気が付かない程、綺麗な仕上がりになるんです。ブリッジや入れ歯は見ればすぐに治療を受けたというのがわかったりするので、そういうことが気になる人にもオススメの治療法です。